品質管理本部 タービン品質管理部 タービン課

現在の仕事内容

タービンの試運転検査

タービンの試運転検査を主に担当しています。
シンコーの製品は完全受注生産なので、お客様のオーダーに合わせてその性能や付属品が様々です。
生産工程の最終段階で一台一台がその注文通りに仕上がっているかを検査し、お客様に安心して使っていただける製品を出荷しています。

シンコーを就職先に選んだ理由は?

縁の下の力持ち、世界に大きく貢献する企業

何といってもその大きなシェアに驚きました。
また、シェアが示す通り大きく世界に貢献している一方で、企業としての知名度はそれほど高くなく、縁の下の力持ちのようなその在り方に惹かれました。

入社後に感じたシンコーの印象・魅力は?

仕事の達成感、モノづくりの楽しさ

入社後に強く感じたのは、「やっぱりモノ作りは楽しい」ということです。
入社前までは「製造業、工場勤務」と聞くと、「部品がコンベアで流れてきて一日中同じ作業をする」というようなイメージでしたが、シンコーのモノづくりは正反対でした。
一台一台に違いがあるので仕事に飽きるということはなく、むしろ毎日の変化に戸惑ったりもしましたが、しばらくしてやっと周りが見えてきた頃、検査の終わったタービンが綺麗に塗装を施され出荷される様子を目にし、初めての達成感とモノづくりの楽しさを感じたことを覚えています。

最も印象に残っている仕事は?

初めての海外出張

入社して三年が過ぎたころ、初めての出張に行く機会がありました。
初めての出張、初めての海外で言葉も通じずあまりに大変だったためか、仕事そのものの内容はほとんど記憶に残っていませんが、日頃の不勉強を後悔したことを強く覚えています。
この経験があったからこそ、業務を漫然とこなすのではなく、毎日が勉強なのだと思えるようになったのだと思います。

とある一日のスケジュール

とある一日のスケジュール

仕事でやりがいを感じていることは?

たくさんの人の役に立つ製品が作れる

自分たちが出荷した製品が日本中、世界中でたくさんの人の役にたっていることが一番です。
この職場ではお客様と直接 接する機会も多くあり、古いシンコーの製品がまだ元気に動いているよ、と声をかけていただいた時には、これから先 何十年もきちんと動く良い製品を作らなくては、と身が引き締まる思いでした。

自分を必要としてくれる企業を選んでください

皆さんはどうやって企業を選んでいますか?
自分が何をやりたいか、はもちろん大事ですが、そこにこだわり過ぎて自分の可能性を狭めていませんか?
自分が成長できそうな企業や自分を必要としてくれる企業、という風に視点を変えてみると、思わぬところに自分にピッタリの企業が見つかるかもしれませんよ。