ISO・CSR活動

品質・環境・
労働安全衛生・社会貢献活動・
健康経営優良法人2021・健康宣言
【ISO9001・ISO14001・ISO45001認証取得】

当社は、経営姿勢に基づき、あらゆる分野で豊かな社会づくりに貢献します。


品質(ISO 9001)

当社は、1994年11月にISO 9001(品質マネジメントシステム)の認証を取得し、以来その規格に沿ったシステムの構築・運用を継続してきました。「品質方針の声明」を基に製品の品質向上と安定化を目指します。

-品質方針の声明-

株式会社シンコーは、顧客満足を得る製品づくりが、企業発展の重要課題であるとの認識のもと、品質向上とコスト低減に、積極的に取り組む。
この目的を達成するため、次の通り品質方針の声明を行う。

  1. ISO 9001(2015)に適合した品質マネジメントシステムを確立し、維持すると共に、システムの有効性をはかるため、継続的に改善する。
  2. 顧客要求事項及び適用される規制要求事項を満たすことを確実にする。
  3. 品質向上を通じてコスト低減をはかり、国際競争力を高める。
    (1)この方針を実践するため、各部門は毎年具体的目標を定めて活動し、その結果報告に基づいて評価する。
    (2)この方針の周知徹底と全員の参画意識向上のため、教育に力を注ぎ、ものづくりを通じて社会に貢献し、企業の発展に寄与する。
    (3)この方針の適切性持続のため、定期的に見直しをする。

2020年10月21日
株式会社シンコー
代表取締役社長 筒井幹治

ISO 9001(2015)認定証書
(認証機関:DNV)


» 認定証書を表示

船級取得

当社は、種々船級によりポンプおよびタービン製造認定工場として認定されています。
認定船級:NK、ABS、DNV GL、BV、LR、GL、KR、CCS、RINA

環 境(ISO 14001)

国際的に環境保全の取り組みが進められている現代、企業活動においても積極的な対応が求められています。そうした中で当社では、1999年8月に最初の「環境方針の声明」が発表され、環境保全活動が本格的にスタート。2016年3月にISO 14001(環境マネジメントシステム)の認証を取得し、要求事項に沿った取り組みを行っています。

-環境方針の声明-

株式会社シンコーは、地球環境問題が人類共通の重要課題であるとの認識を深め、環境保全活動に自主的、積極的に取り組む。
この目的を達成するため、次の通り環境方針の声明を行う。

  1. ISO14001に基づく環境管理を実施して、 環境パフォーマンスの向上のための継続的改善と汚染の予防並びに気候変動の緩和及び気候変動への適応をはかる。
  2. 全員が参加して、環境保全につとめる。
  3. 省エネ、省資源、汚染予防並びに廃棄物削減に目標を定めて取り組み、定期的に見直しを行う。
  4. 全ての事業活動において、国際的環境規則、環境関連法規、条例、地方自治体との協定等を順守する。
  5. 環境にやさしい製品を社会に提供する。

2020年10月21日
株式会社シンコー
代表取締役社長 筒井幹治

シンコー労働組合
執行委員長 門田浩英

ISO 14001(2015)認定証書
(認証機関:DNV GL)


» 認定証書を表示

実施項目

社内照明LED化、遮熱フィルム貼付けの推進
目的:電力使用量の削減


  • LED照明

  • 遮熱フィルム

大容量リチウムイオン二次電池システムの導入
目的:夜間電力を蓄電し、ピークカット電力として活用


  • エンクロージャー外観

  • リチウムイオン蓄電池
  • 上水使用機器の見直しによる上水使用量削減
  • 弊社周辺のクリーンアップ実施(クリーン作戦)
  • 緑のカーテン設置
  • 環境社会検定試験(eco検定)受験の推進
  • 社内報への省エネ活動啓発文書の掲載
  • 環境スローガンの社内募集・掲示

労働安全衛生(ISO45001)

事業の継続は、まず「健康・安全」と捉え、以前から様々な活動を行っており、2016年3月にOHSAS 18001(労働安全衛生マネジメントシステム)の認証を取得し、2021年3月にISO45001(労働安全衛生マネジメントシステム)へ認証移行しました。従業員のみならず構内に出入りする工事業者や来訪者の安全も充分配慮し、要求事項の更に一歩進んだ安全活動を行っています。

-安全衛生方針の声明-

株式会社シンコーは、自主的な安全衛生活動を推進し、危険又は有害要因の除去・低減を図るとともに、従業員の心と身体の健康の増進及び快適な職場環境の形成を図り、安全衛生水準の維持・向上に積極的に取り組む。
この目的を達成するため、次の通り安全衛生方針の声明を行う。

  1. 自社の危険要因を認識し、労働災害及び疾病の未然防止を図り、安全衛生活動を継続的に改善し、維持するシステムを確立する。
  2. 全員が一丸となり、安全衛生活動に積極的かつ継続的に協力しあい、更なる安全衛生管理体制の強化を目指す。
  3. 安全衛生に関する目標を定めて取り組み、定期的に見直しを行う。
  4. 安全衛生関係法規及び社内安全管理規程に定める事項を順守し、安全衛生管理水準の一層の向上を図る。
  5. 継続的な安全衛生教育及び訓練を実施し、一人一人の安全意識及び心と身体の健康管理に対する取り組みの更なる向上を目指す。
  6. 危険源を除去し、労働安全衛生リスクを低減する取り組みの更なる向上を目指す。
  7. 働く人及び働く人の代表の協議及び参加を確実にする。

2020年10月21日
株式会社シンコー
代表取締役社長 筒井幹治

シンコー労働組合
執行委員長 門田浩英

ISO45001(2018)認定証書
(認証機関:DNV)


» 認定証書を表示

社会貢献活動

当社は、本社・工場を置く広島市および安芸郡府中町を中心に、地域社会貢献活動を進めています。

実施項目

  • 「海ごみゼロウィーク」 全国一斉清掃活動を実施
  • 府中町空き缶等散乱ごみ追放キャンペーン活動を実施


  • 海ごみゼロウィーク 全国一斉清掃活動

  • 府中町空き缶等散乱ごみ追放キャンペーン
  • 公益財団法人 広島青少年文化センターにおける青少年育成活動の支援
    (当社及び 当社従業員からの寄付等による資金支援や行事におけるボランティアスタッフ等の人的支援)
  • 毎週木曜日、昼休憩を利用して会社周辺の清掃活動を実施
  • クリーン太田川河川一斉清掃の一環として広島市南区大州周辺の清掃活動に参加
  • 大州学区親善ソフトボール大会に参加
  • ワクチン寄贈の為のエコキャップ運動を実施

健康経営優良法人2021

当社は2021年3月4日に、日本健康会議より「健康経営優良企業2021(中小規模法人部門)」に認定されました。従業員が心身ともに健康で働き続けることが出来る会社を目指します。

健康経営優良法人認定制度

健康経営優良法人認定制度とは、地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度です。
健康経営に取り組む優良な法人を「見える化」することで、従業員や求職者、関係企業や金融機関などから「従業員の健康管理を経営的な視点で考え、戦略的に取り組んでいる法人」として社会的に評価を受けることができる環境を整備することを目標としています。
※経済産業省HPより抜粋


健康経営優良法人2021認定証

» 認定証書を表示

健康宣言

当社は2021年8月5日に、全国健康保険協会広島支部より「ひろしま企業健康宣言 健康づくり優良事業所」に認定されました。従業員が心身ともに健康で働き続けることが出来る会社を目指します。

ひろしま企業健康宣言

協会けんぽ広島支部では、『ひろしま企業健康宣言』制度を創設し、健康づくりに取り組む事業所を募集しております。
本制度は、加入者の皆様の健康増進に向けて、当支部が参加事業所をサポートし、認定する制度です。
※協会けんぽ広島支部HPより抜粋